sealegg’s diary

平日出張でホテル暮らししてます。旅行とか出張ネタが多いと思います。

ブックレビュー/バーチャル・エンジニアリング/自動運転に必要な「マップ」について

バーチャル・エンジニアリング(内田孝尚)の第3回ブックレビューです。
1冊読むのにあちこちググって調べながら進んでいるため、知識が広がるのを感じます。こういう本って意外と少なくて、例えば一般的な「仕事のやり方」といったビジネス書を読んでも、納得はするけどそこから自分で調べることはほぼありません。自分で知識を得るためにも、たまにはこういう「自分で調べるきっかけをくれる本」を読んでいきたいと思います。

マップ?

自動運転を実現するには、意外なことにマップが必要です。マップといってもただの地図ではなく、この本で言うところの「3Dマップ」つまり「ダイナミックマップ」が必要です。

ダイナミックマップとは、ただ場所や建物の高さがわかる地図ではなく、車がどこにいるか(位置)、そこはどんな場所か(路面の状態、道路周りの物の状態など)、そこはどういう状態か(交通規制、天気など)という情報が含まれた地図のことです。
安全に自動運転で走るためには、車の位置だけではなくて、もっと細かい車線の幅やカーブの形状、道路の凹凸などの情報、その場所に関する現在の情報が必要になるため、このような地図が必要になります。

さらにダイナミックマップとは

ダイナミックマップには動的データと高精度3次元地図から構成されます。

ダイナミックマップとは、時間とともに変化する動的データ(動的情報、準動的情報、準静的情報)を高精度3次元地図(自動走行用地図)に紐づけしたもの。このうち高精度3次元地図については、民間企業の出資による基盤整備会社により協調領域として整備が進んでいる。(官民ITS構想・ロードマップ2018)

高精度3次元地図のイメージ(日経ビジネスオンライン)。SFの世界みたいです。
ダイナミックマップはこれに動的データをつけたもの、ということですね。記事へは画像クリックで飛びます。

日経ビジネスオンライン


欧州では既にほぼ全ての道路がダイナミックマップ化されているそうです。

欧州全体の高速道路、一般道路のほとんどが0.1ミリ精度の表面性状データで既に測定され3Dマップ化されている。このマップには交通ルール、渋滞、交通流の状況情報も含まれた各交叉点情報も含まれる。この測定は自動車やヘリコプタに搭載した3D計測を使って行われる。燃費、動力特性をシミュレーション検討するときは、これらの計測された実際の道路モデルを用い、バーチャル走行することで検証、検討が行われる。


自動運転実現には、ただ自動運転できる車を開発するだけではだめで、こういったインフラ面での整備も必要になります。

日本ではどうなっているのか?

日本でもダイナミックマップ基盤株式会社という会社が設立され、2018年度中に高速道路の高精度3次元地図が整備される予定です。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1706/14/news043.html
2017/6の記事だったので現在どうなっているのか探してみましたが、まだ情報がありませんでした。
今年度末~来年度初め頃にまた確認したら情報があるかもしれません。

ダイナミックマップ基盤株式会社
ダイナミックマップ基盤株式会社は自動車メーカー、電機メーカー、地図測量会社、産業革新機構が出資している会社です。
産業革新機構は官民出資の投資ファンド(95%は政府による出資)で、経済産業大臣が業務を監督することになっています。産業革新機構 - Wikipedia


自動運転に関する最新の情報は、内閣のIT総合戦略本部の官民ITS構想・ロードマップ2018が詳しいです。


参考資料
iot-jp.com

音楽をYoutubeで聴くか、Spotifyで聴くか、購入するか

音楽をどの形態で入手し、聴くか。この問題は少なくとも私が産まれてからずっと課題であり続けているように思います。

私はレコード世代ではないので、まずカセットがあって、CDがあって、MDがあって、MP3になって。CDも12cmではなくて、シングルは8cmでした。12cmのCDのことをマキシシングルとか言いました。当時買っていたCDシングルはもはや我が家には再生機器がなくて再生できません。どうしてくれるんだ、ネオ・ブラボー!!は(※)。

※サザンのシングル曲。アルバム未収録。現在はリマスタリングされて12cmCDで再販されているが、この曲だけリマスタリング版を聴くのは気持ち悪く、しかし再販された44タイトル全てを購入orレンタルし直すのも果てしなく、結局記憶の中にある懐かしの曲となっている。

 

先日オーストラリアに行った際、夜ホテルの近くでお祭りをやっていました。日本で言う「お祭り」というよりも、”フェスティバル”という感じですけども。外から聞こえてくる音楽を部屋でぼんやり聞いてると、何か聞いたことがある曲が流れていました。しかし、どうしても曲名が思い出せなくて、結局思い出すまでに3日ぐらい夜中に色々検索をし、ようやく正解にたどり着くことができました。

見つかった時の検索ワードは、「オーストラリア 男女混合 バンド」です。これの検索で出てきた情報から、意図している曲にたどり着いた私もすごいですが。もちろんこの検索ワードに至るまでに、聞き取った歌詞を検索したり、英語で色々検索したり、鼻歌をSiriに聞かせて「そんな曲しらん」と言われたりし続けました。なぜか3日目にしてふと、男女混合のバンドだったかもしれない、と思い出したんです。ちなみにその曲はオーストラリア出身のシェパード(Sheppard)というインディーズバンドのジェロニモGeronimo)と言う曲だったんですけども。

youtu.be

検索がかからなかった敗因は、まず歌詞が英語だったため、私のリスニング能力ではきちんと聞き取れていなかったことが大きいと思っています。というかサビでジェロニモと連呼しているとはまさか思いません。想定外の単語は本当に聞き取れないということを実感しました。

シェパードというバンドも、ジェロニモという曲も、日本ではそこまで有名ではなくて、今回もたまたま私がオーストラリアにいたから曲を耳にしたのです。発売当時はたまたま日本のラジオでこの曲を聴いて、結構どハマりしました。しばらくの期間はYouTubeでずっと聞いていたのですが、そのうち自分の中でも忘れ去られていました。

 

教訓として、最近はストリーミング再生とかYouTubeで音楽を楽しむ時代ですが、好きになった曲とか、いいなと思った曲はダウンロードして所有しておくほうがいい、と思いました。

ダウンロードするべき基準としては、洋楽、インディーズ、あとYouTubeで10回ぐらい再生したことがある曲、あたりかと思います。

なぜ洋楽か。後になって思い出そうとして検索しても日本語で検索する以上、やはり洋楽の情報は少ないです。逆に英語で検索すると情報量が多すぎて必要な情報にたどり着けません。また、歌詞を検索しようにも英語の歌詞を正確に聞き取れないと検索はできません。

インディーズのバンドに関してはそもそも情報量が少ないです。インディーズの曲が日本のラジオで流れて我々が耳にした時点では多少のブームになっているので情報もありますが、それが数年後に思い出そうとした時にどれだけ情報があるのか、また情報はあっても他の情報に埋もれてしまっていてたどり着くのが難しいということがおこります。あとインディーズの曲だと鼻歌を歌っても検索に引っかからない可能性が高まります。単に私が音痴だとSiriに認定されただけかもしれませんが。

最後に、ハマった時の再生回数ですが、10回位YouTubeで自発的に再生した曲はやはり記憶に残ってるので、後になってふと思い出す事があると思います。ふと思い出した曲を検索するのはこれだけ検索技術が進んだ世の中であってもかなり難しい。なぜならばそれは自分の記憶にある音楽を正確に言葉(文字とか音声認識とか)で検索するということを意味しているからです。今後AI技術が進んで、この人どういう頭の使い方するんだろうとか、どういうものが好きなんだろうという予測を機械がしてくれるようになれば答えに近づくのかもしれません。

 

1曲あたり250円程度でダウンロードができる時代です。コンビニスイーツ1個分なので、思い出せなくて後から三日間も睡眠時間が少なくなることを考えると全然安いもんだと思います。特にここ最近はそこまで音楽を所有することに対して前向きではなかったんですけども、今回の一件で音楽を所有するということの必要性はこういうところにあるのかと思いました。

サンゴに影響ない日焼け止め探し

ダイビングに行くにあたって、ドラッグストアで日焼け止めを探してきました。

背景として、最近ハワイでサンゴに悪影響を与える成分が入った日焼け止めの販売が禁止が決まったことがあります。

www.cnn.co.jp

2021年1月1日より紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる市販の日焼け止めの販売や流通が禁止される。

 

施行はまだ先ですが、サンゴを死滅させるリスクがある成分の日焼け止めをわざわざ使うこともないかなと思いました。

 ダイビングをする人にはわかると思いますが、ダイビングというのは水の中という人間の世界ではないところにタンクを背負って潜っていって、ちょっとお邪魔させていただく、というのがすごく感じられるスポーツなので、わざわざリスクのある成分をつけた人間がダイビングしにサンゴのところまで行って潜って環境を変えてしまう、というのはよくないのかなと思います。

 

nikibi.koenji.clinic

禁止される成分はオキシベンゾン、オクチノキサートの2つ。

オクチノキサートは日本では「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」という名称になっています。

 

その成分は紫外線吸収材として使われているとのことですので、「紫外線吸収材が入ってません」と書かれている製品は大丈夫なのではないかということで、マツキヨに行って紫外線吸収材不使用と書かれている日焼け止めを片っ端から探しました。

多分全部で10とか15種類ぐらい売っていたのではないかと思いますが、なんとその中で2個しか吸収剤不使用の製品はありませんでした。パッケージを裏返してその成分が入ってるかどうかも調べてみたのですが、大体1つ目が2つ目の成分として書かれていることが多かったです。そもそも「空箱をレジにお持ちください」とかで成分表記がされていない製品もあって、こういう製品は内容ではなくブランドで売っているのだな、と理解しました。成分不明なので残念ながら購入検討対象にはなりません。

あと、子供用とか敏感肌用ならそういう成分も含まれてないのかなと思っていたのですが、全然そんなことはなくて、子供用でも敏感肌用でもほとんど入っていました。おそらくその成分を使う方が安くて安定した製品ができるのかな、と思います。

 

2つ発見した紫外線吸収材が入っていない製品のうち、1つ目がキュレルのUVローションでした。60ミリリットルで1,300円ぐらいだったと思います。SPF50+でPA+++なので、アウトドアで使うにも問題ないかなと思っています。ただ水の中に入って使うにはどこまで持つかな?と言う気がしますが、日焼け止めを塗らないよりははるかにましであろうと思っています。

www.kao.co.jp

 

もう一つはニベアサンプロテクトウォーターでした。青いボトルで30mlの製品です。量当たりの金額はキュレルとそんなに変わらなかったので、使用量で考えて購入されればいいのかなと思いました。

www.nivea.co.jp

 

今回ハワイの政府が規制したことによって1つの問題提起になると思いますので、消費者側がどういう製品を求めるのか次第で、今後企業も技術力で対応してくれるんじゃないかなぁと期待をしています。

グレートバリアリーフでダイビング

7月20日グレートバリアリーフでスキューバダイビングをしてきました。

今回は1日しか時間がなかったので、ケアンズからのデイトリップ(日帰り)ダイビングです。

今回調べたり、体験したことをいくつかメモしておきます。

 

・日帰りかクルーズか

有名ポイントで潜るには数日間のダイブクルーズで行く必要があります。

日帰りでは近場の、といっても船で1時間半ぐらいのポイントで潜ることになります。近場ポイントの透明度や魚の種類はやはり外洋より劣ります。それでも今回は海況が良くて透明度は20メートル程ありました。

 

・水温と装備

水温は24℃程度でした。5ミリウエットがいいです。フードベストやヒートテックも持って行くといいと思います。ダイコンは自分の使い慣れたのがあれば持って行くといいでしょう。

ちなみに今回申し込んだダイビング屋さんはレンタル器材もウエットもきれいでした。

曇っていると船上でも寒いので、被れる大きさのバスタオルや風除けのカッパがあると便利です。船内は冷房が入っているので、濡れた後は特に寒いです。

 

・申し込み方法と金額

日本からveltraで予約して行きました。ケアンズのホテルとか街中のインフォメーションセンターでも申し込めると思いますが、予定が決まっているなら事前に申し込んで行くといいと思います。

デイトリップ、3本、昼食、器材とウエットレンタルつきで265ドルでした。

 

・日本人とか日本語とか

今回はレアケースで日本人参加者は私のみでした。日本人スタッフは3名いたのでVIPな感じでした。年末とか多い時は30人ぐらい日本人が参加するみたいです。ブリーフィングとガイドは日本人スタッフがしてくれるので英語できなくても大丈夫です。でも日本人でかたまってないで、他の国の参加者と話すともっと楽しいと思いますよ。

 

・深度とかダイビング時間とか

完全にポイントによりますが、今回は最大深度は15メートル程度、最終的に安全停止もいらないくらいの浅瀬がメインでした。

エアが100を切るまで45分程度、浅瀬でブラブラする感じです。ナポレオンフィッシュタイマイ、バラクーダ、ユカタハタ、その他サンゴ礁の細かい魚が色々で楽しめました。

白砂の海底に岩のようなサンゴの塊が生えている感じでした。砂巻き上げたり、サンゴ破壊しないように注意です。

闘う戦士たちへ愛を込めて 感想 (サザンオールスターズ)

2018/6/15に配信のみで発売されたシングルです。配信のみというのはたぶんサザンでは初めてかと思います。ファン層が年齢高めなので、ついていけないファンもいるかもしれないですが、これからの時代はこれでいいと思います。シングルですし、少なくともトライしてみたのは正解だと思います。

 

曲調はこれまであまりなかった感じです。似た感じの曲としては、おいしいね、とか、我らパープー仲間をイメージしたのですが、実際聴き比べるとちょっと違う感じです。もっとブルースロックです。

発売されてから結構聴き込んでいますが、マイナー調だし、キャッチーなサビでもないので、まだとっさにサビだけ頭の中で流すことがまだできずにいます(修行が足りない)。イントロ〜ABメロ〜サビの流れのつながりが強いタイプの曲なんだろうと思います。

 

ベースがよく聴こえるのもあって印象的です。ミュートとかリズムが大変そうですがかっこいいです。これまでのサザンになかったベースラインで、リズムもはねる感じとか、音の長さとか、ちょっと違うように思います。サザンでは珍しい感じのフィルインとか。関口さんなのかはクレジットがなくてわかりません。いずれにしてもライブで演奏される時は関口さんに弾いてもらえると思うので、またいつかのライブで演奏された時には弾き方を確認してみたいと思います。

 

それにしても桑田さんはサラリーマン経験がないのに、どうしてこんな歌詞が書けたんだろう。

しんどいね 生存競争(いきていくの)は、とか思わず涙が出ました。疲れてるのかな。まぁ、疲れますわな。

他に、弊社を「ブラック」とメディアが言った、なんて文字数に必要な情報をよく考えて削ぎ落として当てはめたなぁと思います。

 

顔色をうかがわない感じの曲でサザンらしくて、近年のサザンのシングルで私は1番好きです。

ブックレビュー/バーチャル・エンジニアリング/欧州の研究開発フレームワーク・プログラム

バーチャル・エンジニアリング(内田孝尚)を読んだので、なるほどと思った点を中心にメモを残します。

 

「欧州では研究開発フレームワーク・プログラム(Nth FP)という、オールヨーロッパで様々な検討を分担で実施しながら戦略的に欧州全体の工業競争力を引き上げる活動がある。30年以上継続されており、プログラムが終了すると結果などが公開される。これまでこのプログラムの制度設定や提案により、ISOを含む多くのルールやスタンダードが世界標準として決められた。」

 

オールヨーロッパで、目先のことではなく長期的な視点で、スタンダードを作成していくという姿勢に驚きました。30年以上も積み重ねてきていて、産業の足腰が根本的に違うように感じました。おそらく日本も同様の取り組みはあるのでしょうけど、中長期的な視点で戦略を考えるのがどうも苦手なのではないかと思います。

 

EUの科学技術情勢」についてのレポート

 https://www.jst.go.jp/crds/report/report10/EU20151101.html   

 

 

FP7では、標準規格を制定するための研究も研究対象とされています。つまり標準規格を作ることそのものが目標とされています。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000091012.pdf

 

欧州は多様な国が集合しているため、EU全体の効率化を考えると標準規格化しないといけないのは当然ではあるものの、結果として産業の主導権を得ることができることにつながっていると思います。多様性という困難をいかに乗り越えるかが、結果として強みになっている気がします。

日本ではどうなのでしょうか?ガラパゴス化して衰退している産業も近年たくさんあるように思います。

 

自動車の他に、他に欧州鉄道輸送管理システム(ERTMS)等もFP4フレームワークプログラムで技術開発、標準化されています。

https://www.toshiba.co.jp/tech/review/2013/04/68_04pdf/a13.pdf

鉄道は国境を越えてつながっているし、標準化するイメージもわきやすいです。FP4自体は昔の話ですが、システムが標準化されていることで、現在IOT等が導入しやすくなっているのではないかと思います。逆に日本の新幹線を輸出するにはハンデになるのではないかと思います。新幹線が欧州の輸送管理システムに適合しているとはちょっと思えません。システムなので乗せ換えれば何とかなるような話なのでしょうか? 

 

参考までに欧州以外の諸外国の政策動向は、文部科学省総合政策特別委員会 資料2 関連データ集 2.諸外国の政策動向にまとまっています。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu22/siryo/1354019.htm

ブックレビュー/バーチャル・エンジニアリング/バーチャルとは、クルマの作り方とは

ものづくり系の仕事に関わっているとCAD,CAM,CAEだといった言葉を耳にすることがあります。またそれを統合するためのシステムについて話が及ぶこともあります。モヤッと理解はできるのですが、正確に理解するためにまずは1冊本を読みました。

バーチャル・エンジニアリング(内田孝尚)という本です。

何回かに分けてメモを書きます。

 

・バーチャルはリアルそのものを表現できる

=現物として存在していないが、リアルな現物・現場と相対しているのと何ら変わらず検証やそれを基にした意思決定が可能、ということ。

感覚的には、設計はバーチャルでできても、リアルでは製造時に公差などでズレが出て、リアルとバーチャルは一致しないのではないか、と思ってしまう。

しかし製品の作りのばらつきさえもバーチャルデータを用いて機能等への事実上の影響を確認できるようになっている。

 

現在のバーチャルエンジニアリングは、

CAD(3D設計)

CAM(製造。3Dモデルを使った金型設計など)

CAE(解析)

PDM(製品データマネジメント)

の融合をさす。

 

・自動車の開発フローは、

コンセプトを構想する

→コンセプト実現のため、パフォーマンスと基本仕様を決める(構想設計)

→各モジュールの詳細仕様を設計する(詳細設計)

→機能検証をする。

という流れになっている。

機能検証の結果で詳細設計への手戻りを繰り返すと、期間と工数が増大してしまうことが問題。

 

クルマができるまで(トヨタ自動車東日本株式会社) 

 http://www.toyota-ej.co.jp/process/