sealegg’s diary

平日出張でホテル暮らししてます。旅行とか出張ネタが多いと思います。

時間を1週間で区切ると、見えないものが見えてくる

久々に自宅に帰ってきて、セミの声がパタッとしなくなっていることに気づきました。家の近所に公園があるので、先週まで朝はかなり賑やかだったのです。

 

セミの声だけではなく、1週間ごとに状況をチェックすると、毎日チェックするより変化がよくわかることが色々あります。

 

例えば、

・プロジェクトの進捗 (仕事に限らず、家庭菜園プロジェクトでもいいんです)

・平均睡眠時間

・走った距離合計

他に体重や、部屋の散らかり具合なんかもいいかもしれません。

 

確かに毎日管理することも大事ですが、毎日細かく管理して一喜一憂するよりも、1週間という少し大きな単位で管理した方が、効果的だし精神的にも追い込まれないのではないか、と思います。

 

【テレワーク】スカイプ会議に関するメリットとデメリット

弊社ではごく自然にテレワークを導入してます。先日の台風の時にも、上司がスカイプでミーティング参加OKと指示してくれたので非常に助かりました。

今回はスカイプでミーティングする場合のメリットとデメリットをまとめてみました。ここでは、だらけて生産性が下がる、といった話は、そもそも個人の業務の定義がうまくできていないことに起因すると思うので割愛します。

 

メリット

◯移動に関する負担が減る

・会議のためだけに大阪から東京オフィスまで出張しなくてよくなる。

・台風の中、打ち合わせのためにオフィスの会議室まで行かなくてよくなる。ホテルチェックインの前でキャリーバッグを持っている時は、尚更助かる。

このように、テレワークは体力、時間、金銭的に効果があります。

 

デメリット

×空気、顔色が読みづらい

・反応が見えないとコミュニケーションが非常に難しいです。怒ってるのか、同意してくれてるのか読めません。ヒトは普段、ノンバーバルな手段で無意識にかなりのコミュニケーションを取っているということがよくわかります。

・PCにカメラはついていますが、大抵資料を投影して顔は写してません。個人的にはお互いの顔を正面からずっと見ながら会議するのは、なんか抵抗があります。会議室全体を写すカメラならまだいいと思います。

つまりスカイプに向き不向きな会議があるようです。発表、決議系の会議はスカイプでも問題ないと思います。細かいニュアンスが必要とか、何かミーティングでアイデアを出すとかは直接会った方がいいように思います。

 

バーミックスで野菜ジュース作ってみた

出張中野菜不足なので週末リカバリしたいのと、周りでスロージューサーが流行っているので、朝食に野菜ジュースを作りました。

スロージューサーはないので、バーミックス(ハンドミキサー)を使います。

 

◯材料

ニンジン 小半分、ロメインレタス 2〜3枚、バナナ 半分、牛乳

 

野菜と果物を入れればいいと思うので、適当に冷蔵庫にあった野菜を使いました。

野菜は前日に適当な大きさに切って、タッパーにでも入れておきます。朝から包丁使うのはめんどくさいので回避。

バナナは切って冷凍してストックしてあります。使う前に30秒ぐらいチンするといい感じで溶けます。

 

朝、野菜と果物を容器に入れて、バーミックスでガーっとしたら、空回りしてうまく回りませんでした。

材料が刃から逃げないように、液状のものを入れればいいんだ、と思い牛乳投入。

軽く上下しながら満遍なくガーっとし、野菜が砕けて均一になったところで終了。

 

バナナが半解凍なので、結果的にスムージーのようになっていい感じでした。でもジューサーではないので、一口飲んで、噛んで食べる感じになります。野菜食べてます、という感じでそれはそれで悪くないです。葉物野菜を回避するともう少しマシになるのかな?様々な野菜や果物を摂りたいのでレシピを固定したくはないのですが、ちょっと試行錯誤してみます。

時短家事にはパラソルハンガー!

勝間和代さんが、洗濯物の小物はお風呂場で平干し!とおっしゃってたので、何がそんなにいいんだろうと思ったら、取り込みの時が時短になるそうです。

 

しかし、大阪には(?)パラソルハンガーというものがある!ニトリとかで普通に売ってます。

平干ししなくてもパラソルハンガーを使えば、取込みも、外すのも一撃必殺。

 

平干しのメリット/デメリット(想定)

◯取込みが時短、オシャレ着の平干しにも使える

×外で干せない、お風呂場が湿る、風呂場乾燥機の電気代がかかる

 

パラソルハンガーのメリット/デメリット

◯取込みが時短、外でも干せる、安い、タオルから靴下までなんでも干せる

×広げると場所をとる(でも平干しネットと変わらないと思う)

 

パラソルハンガーを選ばない理由が出てこない、、

1102tv.com

 

 

 

チェックイン後、部屋に入ってからやること

私はいつもホテルに4泊ぐらい連泊します。

ホテルに着いたら、まず大体やっていることがあります。

 

1.部屋の簡単なチェック

電気はつくか、変なにおいはしないか、等。あと、トイレが気持ちよく流れるかもチェックしておくと安心です。

日本のビジネスホテルでお湯が出なかったことはまだないので、お湯がちゃんと出るかどうかのチェックはしなくなりました。

 

2.部屋の番号を携帯にメモする

カードキーには部屋番号が書かれていないことが多いので、外出後どの部屋に帰ればいいかわからなくなるリスク対策です。意外とこれ重要。

 

3.シャツをハンガーにかける

シャツだけは日数分持って行くので、シワ防止に全てハンガーにかけておきます。

 

4.洗面道具を洗面所に並べる

持ってきた洗面道具を使いやすいように並べます。お風呂上がりとか朝に大混乱しなくてすみます。

 

5.周りが明るければ散歩

明るいうちに周りの状況を把握できると、行動範囲が広がって便利です。あ、ここにスーパーあるじゃん、とか。

 

別にルール化してるわけではないですが、ホテルに泊まる時はこれをやっておけば安心です。

新幹線と飛行機は予定が決まったら即予約

月曜の朝と金曜日の夜、新幹線と飛行機はサラリーマンで満員です。新幹線が満員て、、という感じかもしれませんが、一番乗りたい時間帯は本気で満員です。

乗る予定ができたら、できるだけ早く予約しましょう。感覚的には1週間前ぐらいにはもう埋まってきます。乗る直前に駅とか空港で予約するのはかなり厳しいです。

 

ちなみに人気がある(=すぐ埋まる)席は次の通りです。

新幹線の席は、2列シート窓側のE席がまず埋まります。次に3列シート窓側のA席。

理由は、コンセントがある、壁のフックに上着をかけられる、片側が窓なのでもたれて寝られる、ためです。

飛行機は逆に通路側から埋まります。到着後早く降りたいからです。

シンガポールで現地SIM購入

シンガポールでも現地シムを購入して使い倒しました。

 

チャンギ空港出てすぐの両替屋さんで購入できます。

Tourist SIMが5日間、4ギガで15シンガポールドルでしたので、今回はこれを買いました。

f:id:sealegg:20170506210011j:image

このSIMくださいと言って、お金とパスポートを係のお姉さんに渡せばSIMゲットです。簡単です。

 f:id:sealegg:20170506205906j:image

説明書には日本語も書いてあります。

APN設定はhicardにすればOKです。パスワードとかはブランクで問題なし。

 

SIMフリー端末を持っていると海外でも本当に自由になれます。

特にGoogleマップの威力はすごいです。経路もバスの系統も乗換案内も教えてくれます。タクシーでボラれることも減ります。